ご相談窓口・お問い合わせ

mailadventure.info@hakuhodody-holdings.co.jp

AD+VENTURE事務局では随時、新規事業アイディアのご相談を受けております!実際に社外で現在起業しているメンバーやM&A業務を担当して事業計画に関わってきたメンバーなど多彩な顔触れが、エントリーをお悩みの方や、アイディアをどうブラッシュアップしようかお悩みの皆様のご相談を承ります。事前にメールでご連絡いただいても、気軽に直接事務局へ来ていただいてもかまいません!是非お気軽にご相談にいらしてください。

AD+VENTURE事務局
〒107-0052 東京都港区赤坂6-1-20 国際新赤坂ビル西館8F
TEL:03-6441-9036/FAX:03-6441-9034

審査員紹介

AD+VENTUREガイド(審査員)

通常業務の判断基準とは切り離し、自由でイノベーティブなチャレンジをしやすくするため、新しいビジネスの最前線に立っているイノベーション実践リーダーたちがガイドとなります。ひとりひとりのビジネスプランを丁寧に審査し、採用案については、直接育成指導していきます。

飯沼 健太郎

(株)博報堂 ビジネスインキュベーション局
兼 Pinkoi Japan(株) 取締役

AD+VENTUREの第1期を経て、新規事業をスタートしました。自分が経験したこと、学んだことなどをレンジャーの方々に共有し、新たなチャレンジへのサポートが出来ればと思います。どうぞよろしくお願い致します。

専門・得意領域

WEBサービス/Eコマースの事業開発及び運営マネジメント

経歴

1996年博報堂入社。デジタルコミュニケーション、新規事業開発、メディア部門などを経て、2011年よりAD+VENTUREプログラムを通じ、手仕事品のオンライン・マーケットプレイス「iichi(いいち)」事業を開始。2016年にアジア最大級のデザイナーズ・マーケット「Pinkoi」と資本業務提携を行い、Pinkoi Japanを設立。

野田 耕平

(株)博報堂 ビジネス開発局 テクノロジープロデューサー

新規事業のキーは「提供価値と顧客発見」です。事業計画書は8割以上計画通りに行きません。泥臭いリアリティのある動きに期待しています。

専門・得意領域

経営戦略・企業革新・事業開発・新規事業・スタートアップ投資

経歴

学生時代に携帯電話販売代理店を複数立ち上げ。
大手通信会社に新卒で入社。SIerとして汐留再開発時のビルのシステムや、新聞社のニュース配信システム等メディア企業サービスを構築。その後、大手人材サービス企業に転職し、営業、支社のPMI、新商品開発、マーケティング戦略・事業戦略・新規事業・上場時の事業統合・中長期経営計画・海外進出戦略・M&A戦略策定などを責任者として従事。
2013年に博報堂に入社後は、テクノロジーを用いたビジネス開発を担当し、資本業務提携やVCへのLP出資、テクノロジービジネスセンター立ち上げを実施。大企業の新規事業・イノベーションの支援を行う。
社外活動:Tokyo XR Startupsのメンター・スタンフォード大学Corporate innovation プログラム在学中。

横山 陽史

(株)博報堂 マーケティングシステムコンサルティング局
マーケティングシステム部 部長

世の中をあっと言わせるビジネスを生み出せるアイデアとの出会いを心待ちにしています。博報堂DYグループの力があるからこそできる大きなビジネスチャンス、デジタル化の進展により変化の激しい今だからこそできるタイムリーなビジネスチャンスがきっとあるはずです。そんなビジネスアイデアをお待ちしています!

専門・得意領域

マーケティング・コミュニケーション戦略、商品・事業開発、プロセス構築

経歴

外資系コンサルティングファームにて、ビジネス・プロセス、新規事業立ち上げ、基幹システム導入等の コンサルティング業務を担当したのち、博報堂入社。博報堂では、主にマーケティング部署に所属し、得意先企業の広告戦略、マーケティング戦略の立案を担当。
その後、マーケティングシステム部では、自動車、通信会社等のマーケティングシステム業務を担当している。

小田 英司

(株)大広 東京アクティベーションデザインビジネスユニット
カスタマープロモーション局
第3プロモーショングループ グループ長

新しい価値創造のアイデアを出発点として、共に学び、考え、議論していきましょう。事業としての成功ストーリーがひらめく瞬間に、皆さんと一緒に立ち会えることを楽しみにしています。

専門・得意領域

統合プロモーション

経歴

1992年大広入社。環境デザイン局、プロモーションプランニング局、デジタルソリューション局を経て、2016年4月現職。リアル、ブランドコミュニティ、ソーシャルを通じた最適なブランド体験の提供によって顧客を動かす「アクティベーションデザイン」の提案・実行に取り組む。

桐生 克明

(株)読売広告社
コミュニケーションデザイン統括統合ソリューション局 局長代理

現業でも”事業構想”段階から関われないと仕事がスケールしていかないことを痛感しています。その意味でも「AD+VENTURE」プログラムの重要性は年々増しているのではないでしょうか。「好奇心・未来志向」に忠実になってぜひチャレンジしてください。常識・制約条件という”箱”を飛び出したクレイジーでセクシーなビジネスアイデアに出会えることを楽しみにしています。新任ガイドですが精一杯伴走させていただきます。どうぞよろしくお願いします。

専門・得意領域

統合プロモーション、UX・UI設計

経歴

1996年読売広告社入社。営業としてPHS事業AE、FTTH環境でのコンテンツ配信実験を大学と協働し企画・実施。2004年関西支社に異動後、通信事業サービスの中期事業計画策定をコンサルティングファームと協働で担当。2007年iコミュニケーション局に異動。デジタル領域に軸足をおいたソリューション・統合プロモーションディレクターとして活動。 自社開発ではスマートデバイスを活用した住関連向け営業支援ソリューション「スムスマート」の開発をおこなう。現在は、新規事業のモバイルUX・UI設計に従事。

漆山 乃介

(株)博報堂DYメディアパートナーズ
事業開発局 オープンイノベーショングループ マネジメントプラニングディレクター

誤解をおそれず言えば、これだけ情報の流通、速度が増した今、アイディア単体には価値がないと思います。アイディアとそれを愚直に継続的に世の中に届ける仕組みをセットで考えぬき実行できるかだと思います。
簡単じゃないですが今までとは違った景色が見れるはず。
一緒に芯をくったビジネスモデルを生み出しましょう!

専門・得意領域

ベンチャー投資、事業開発

経歴

大手人材サービス企業で主にHR領域でビジネスSNSをはじめ複数の新規事業・サービス開発を経験。その後、ベンチャーキャピタリストとしてファンドレイズ及びベンチャー投資業務に従事。主に、SaaS(BtoB)、IoT、Fin-tech、ヘルスケア、HR領域のベンチャーへの投資・経営支援を行い、2017年より現職。

百瀬 卓平

(株)博報堂DYメディアパートナーズ
事業開発局 オープンイノベーショングループ
マネジメントプラニングディレクター

過去13年間携わってきましたM&A実務、また現部署において新規事業に携わってきました経験を活かしながら、皆様のお役に立てればと思いますので、宜しくお願いします!

専門・得意領域

M&A、コーポレートファイナンス

経歴

2004年、証券会社に入社、以降、約13年間にわたり、M&Aアドバイザリー業務に従事。2017年3月よりMP入社、現部署に着任。事業計画の検証、企業価値算定、出資契約交渉等、M&Aの推進に関する知見、経験に強み。

及部 智仁

(株)QUANTUM 代表取締役副社長COO / (株)SPORTS AI 代表取締役社長CEO

プロデューサーとして事業計画を作成するだけでなく、コードをほんの少しでも書けるようになるとエンジニアリングへの知見がググッと広がり説得力・着地力が増します。ぜひチャレンジしてみてください。

専門・得意領域

新規事業開発・AIサービスの開発と運営・起業支援

経歴

博報堂グループで本格的なスタートアップ・スタジオを目指す(株)QUANTUMを創業。代表取締役副社長に就任。(株)博報堂のHAKUHODO.UNIVにてオープンイノベーションを研究するラボを主宰し「オープン・サービス・イノベーション」の日本語版を出版。(株)QUANTUM を牽引しながら、同時に、サッカー版のマネーボールを目指し、サッカーのAIを開発するスタートアップであり(株)SPORTS AIを創業し、代表取締役CEOを兼務。日々、アジャイル開発、DevOps、リーンスタートアップをひたすら実践する日々。近著に「リーン・スタートアップを駆使する企業」、「スタートアップスタジオ」の日本語版を出版。東工大研究科長賞。

浅原 尚弥

(株)博報堂プロダクツ デジタルプロモーション事業本部 DP→R1部部長 シニアプランニングディレクター

ガイドを名乗るのはおこがましい私ですが、レンジャーの皆さまの視点やアイディアに触れながら私自身も一緒に成長させていただきたいと考えております。ワクワクするようなビジネスアイディアお待ちしております。

専門・得意領域

プロモーション領域におけるデジタル・リアルを統合した戦略/戦術プラニング、ソリューション開発、ビジネス開発

経歴

フリーペーパー事業における営業マネジメント兼編集長、専門流通に対するエリアマーケティングコンサルを経て、雑貨メーカーへ転職。ライセンス雑貨における新規事業開発、ライセンス開拓、生産管理、営業活動に加え、自社商品企画/開発セクションにおけるマネジメントを経験。
2007年博報堂プロダクツ入社。プロモーションプランナー職として飲料、通信、日雑、車、保険からスポーツまで幅広領域でプラニング業務を推進。
2016年デジタルプロモーション事業本部DP→R1部部長に就任。2年目で部署を黒字転換させ収益体質へ移行。新たなソリューション開発やプラニングスタイルの確立、ビジネス開発で新たな収益機会を模索しています。

手塚 圭一

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(株) 執行役員 プロダクト開発本部長
D.A.コンソーシアムホールディングス(株) テクノロジー&データ戦略センター長

新規事業の創出はビジネスマンとして一番エキサイティングなイベントではないでしょうか。カオスな創成期、苦しい判断を下すことも必要な成長期、あの時の判断は間違いだったと気づく悟りの瞬間。楽しいことばかりでは無いですが、得られるものは多くあると思います。新しいアイディアに出会えることを楽しみにしています。

専門・得意領域

テクノロジー開発とデータビジネス

経歴

1997年 メーカー系SI会社に入社。エンジニアとしてインターネット関連のシステム構築に従事した後、2002年DACに入社。テクノロジー領域にてシニアマネージャーを勤めた後、2011年プラットフォーム・ワン社設立に参画し同社取締役に就任。 また、ロシアを開発拠点とするIPONWEBの日本支社を同時に設立し現在も代表取締役を努める。2015年にDACに新設されたデータ解析部にてデータサイエンティストをマネージメントしデータプロダクトを開発。2017年からプロダクト開発本部長として、約200名のエンジニアを率いDACのテクノロジーとデータプロダクトの開発を指揮。

佐々木 学

(株)博報堂アイ・スタジオ常務執行役員 ビジネスデザイン本部 本部長

デジタルでの制作視点やビジネスモデル構築などで色々とフォローできればと思います。自らのアイディアをカタチにできる大チャンスだと思いますのでたくさんの応募をお待ちしております。

専門・得意領域

WEB制作、WEBサービス事業、デジタル領域全般

経歴

大手ケーブルテレビ会社にて、ローカル自社媒体の立ち上げ、WEBデザイナーを経て、博報堂アイ・スタジオに入社。通信キャリア、ゲームメーカー、家電メーカー、金融など、WEBプロモーションから大規模系サイトまで幅広い領域にてWEBプロデューサーを担当し、兼務で新規事業を担当。
2012年に博報堂アイ・スタジオ執行役員、2016年に常務執行役員に就任。
博報堂アイ・スタジオグループの会社の立ち上げや、グループ会社の社外取締役を複数兼務。デジタル制作以外の新たなマネタイズの仕組みや、新領域技術の取り組みなどを行い、現在はビジネスデザイン本部担当。